美容

自力で二重にするには根気と○○が大事!

投稿日:

笑顔 歯 子供 女の子 こども 子ども 笑う 赤ちゃん 二重 BABY にっこり あかちゃん 9ヶ月 むちむち ぽちゃぽちゃ 生後9ヶ月

 

キレイな二重って憧れますよね。目の大きさでだいぶ顔の印象は変わってきます。目の特徴やいくつかのコツを知ることで、自力で二重になれることをご存知ですか?今回は一重や奥二重で悩んでいる方が、二重になれる方法を詳しくご紹介していきたいと思います。ダイエットとは違い、確実に効果が出ないかもしれませんが、目をパッチリさせたい!とお悩みの方は、ぜひ試してみる価値はあります。

 

二重になる原理

若者 若い 人物 日本人 20代 女 女性 見上げる 美容 アップ 髪の毛 見る 恋人 30代 部分 化粧 ファンデーション メイク 見つめる 愛 きれい 接写 恋愛 成長 眼差し 茶色 瞳 鼻 パーツ 希望 クローズアップ 顔 整形 整形外科 眼 目 ビューティー 上を見る 美しい 未来 嫁 恋 コンタクト 素肌 肌 外国人 アイメイク アイライナー フェイス まつげ つけまつげ マスカラ 二重 色気 妻 ボディーパーツ 前髪 パーマ マツゲ 睫毛 付けまつげ 目力 眉毛 まつ毛 美人 基礎化粧 眉 まなざし 見あげる 40代 眼球 まゆげ みあげる かお まゆ め まゆ毛 マユゲ 眼力 美容外科 つけまつ毛 付けまつ毛 カオ フェイスパーツ 裸眼 カラコン 上昇志向 み上げる 目ヂカラ マユ毛 付け睫毛 ツケマツゲ 付け睫 付睫 メ 眼ヂカラ メジカラ

 

一重か二重になる差は、拳筋腱膜という筋肉が大きく関わっています。二重まぶたは、拳筋腱膜がまぶたの皮膚まで伸びてくっついています。そのため目を開けるときに、まぶたの一部が引き込まれ、皮膚が折れて見えるのです。一重まぶたは、拳筋腱膜とまぶたの皮膚はくっついていません。なので目を開けるときに皮膚が折り込まれないのです。このように生まれ持った拳筋腱膜の状態によって、一重になるか二重になるかが決まってくるのです。

 

自力で二重にする方法

若い 仕事 女性 OL 若い女性 室内 テーブル 美容 健康 ファッション 花 朝 筆 赤 化粧 化粧筆 ファンデーション メイク 木 出勤 ビジネスウーマン 枠 フレーム ピンク 白 黄色 水色 学生 道具 オレンジ色 赤色 雑貨 忙しい ビューティー 白色 木目 物撮り 桃色 ブラシ 小物 静物 大学生 アイシャドウ 口紅 リップ まつげ 二重 ポーチ メイクアップ 化粧品 派手 付けまつげ アイシャドー 香水 現代 メイク道具 メーキャップ コスメ 嘘 二重まぶた 多忙 ブツ撮り フルサイズ 婚活

 

では自力で二重になれる方法をご紹介していきたいと思います。人によっては、すぐに効果がでないかもしれませんが、まずは3カ月は試してみましょう。もし3カ月やってみて二重になる様子がなければ、続けても自力で二重にすることは難しいと言えます。しかしやってみなければ分かりません。ぜひチャレンジしてみましょう。

 

二重にする方法① マッサージを毎日行う

二重にするために毎日マッサージを行います。しかし強く行ったり、皮膚をこすりすぎるのはやめましょう。皮膚が伸びたり、目の開きが悪くなる可能性があります。

・40℃くらいのシャワーを5秒ほど当てて、5秒離します。これを毎日10回ほど繰り返します。(入浴時のみでOK)

・眉毛の下のくぼみを、1分間ほど押して血行を良くします。(1日2回ほど)

・目頭から目尻にかけてアイクリームでなぞるようにマッサージをします。(1日2回ほど)

*むくみをとって二重にする方法です。

 

二重にする方法② アイプチ・アイテープを使う

二重の癖をつけるには、二重になりやすいラインを最初に見つけることが大切です。自分で好きな場所にラインを作るよりも、二重になりやすいからです。ではまぶたをよく観察してみましょう。薄いしわがありませんか。このしわの強いところが二重になりやすい場所となります。もししわがなければ、まぶたを引っ張った状態(皮膚をピンとさせた状態)で、まつげから距離6㎜以下の幅で行うと二重になりやすいです。幅が広いと、二重の癖は付きにくいです。

二重になりやすそうなしわを見つけたら、次に「アイプチ」や「アイテープ」で癖を付けます。

 

【アイプチ】

アイプチとは、まぶたの皮膚の上と下をノリでくっつけるというシンプルな方法です。自力で二重にする方法として有名で、手軽に購入することができます。最初は難しいかもしれませんが、練習していくうちにコツをつかむことができます。

 

【アイテープ】

アイプチは液体ですが、アイテープは、その名の通りテープタイプのものとなります。最近では100均でも販売しているため、安価で手に入れることができます。こちらもまぶたにテープを張り、上下をくっつけるというやり方になっています。

 

【メザイク】

メザイクとは、シリコンゴムのとても細いファイバーです。接着性のファイバーが二重を作る部分に張り付き、しっかりとした二重を作ってくれます。まぶたに食い込ませるように、引っ張りながら張り付けて、専用のピンでまぶたに押し込んでいきます。

 

二重にする方法③ 二重メイク

二重メイクとは、アイラインやアイカラーの濃い部分と薄い部分を利用し、二重のラインをかく方法です。メイクするだけで二重のように見えて、日によってラインを変えることができます。まぶたに負担をかけたくない方におすすめです。

 

自力で二重にできるおすすめアイテム!

ミセルD-ラインジェル
自力で二重にする方法をいろいろ見てきましたが、「結局どんなアイテムを使えばいいのか分からない」とお困りの方いらっしゃると思います。そんな方に使いやすくて効果が高い「ミセルD-ラインジェル」というものをご紹介したいと思います。

「ミセルD-ラインジェル」とは、寝る前にまぶたに塗るだけで、簡単に二重にすることができる商品です。では、そのヒミツについて詳しく見ていきましょう。

 

ヒミツ① 二重形成しやすいまぶた

「目を閉じたときに見える、まぶたの折れ癖の線」=Dラインといいます。二重にするには、このDラインをしっかり出すことが重要になってきます。「ミセルD-ラインジェル」には、肌の引き締め作用があるユニスリム・ボディフィット・レガンスなどの成分が配合されており、肌を柔らかくして二重形成しやすい状態へと整えてくれます。

 

ヒミツ② 夜塗るだけで、朝クッキリ

美容成分なので、まぶたに塗る以外にすることはありません。しかも1日1回だけでいいというお手軽さです。お風呂上りや寝る前にスキンケアと合わせて使うことができます。合わせて、ジェルを塗りながら目元のマッサージも行うと、めぐりが良くなりさらに効果的となります。

 

ヒミツ③ 好きな形のまぶたにできる

「ミセルD-ラインジェル」によって、柔らかく整えられた肌は、二重形成しやすくなっています。何度でもやり直せるので、流行のメイクに合わせて好みの形に変えたり、自分なりのアレンジを楽しむことができます。

 

ヒミツ④ 刺激が弱く、肌に優しい

接着成分に「コポリマー」という、刺激が弱く肌に優しい成分を使っています。そのため、日中長く使用されてもかぶれにくいです。また美容液なので、夜塗ることで酷使されたまぶたをケアし、お肌のコンディションを整えてくれます。

 

簡単で効果も高い「ミセルD-ラインジェル」自力で二重にしたい方に必見アイテムです。ぜひ使ってみてくださいね。

 

まとめ

虹 虹の橋 雨上がり 空 レインボー 自然 二重 長い虹 雨 神秘的 綺麗

 

自力で二重にできる方法をたくさんご紹介しましたが、いかがでしたか?市販品を使うと確実に二重になれて、メイクも楽しくなるようです。顔の中で特に印象が変わるのは「目」だと思います。一重だからと悩まずに、いろいろな方法を試してみて、自分に自信を持てるようにしてくださいね!







-美容
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ひんにゅうはナイトブラで変わる!【ふんわりルームブラ】

  ひんにゅうだし、ナイトブラなんか着ける意味あるの?と今まで付けていなかったあなた。 それは大間違いです! 胸の大きさに関係なく、ナイトブラを着けることによって胸の形がキレイになることをご …

肌の毛穴が目立つ人の為の改善方法と美肌ケア!

洗顔をした後に鏡を見ると、ぽつぽつ毛穴やつまり毛穴、たるみ毛穴などが目立ってしまう。そんなお肌トラブルに悩まされていませんか? 普段はお化粧をするしばれないし、と考えてケアを先延ばしにしがちな方は要注 …

爽快!体毛を一気に処理!

各シーズンの中で特に体毛が気になるのは、何といっても夏ですよね。肌の露出が多くなるため、そり残しがあるととても目立ってしまいます。 体毛が気になってせっかくの海水浴やプールを楽しめない、そり残しを発見 …

肌細胞でハリとキメを生き返らせる!

最近なんだかお肌のハリとキメがない気がする…まさか年齢のせい!?と、不安になっている方。 まさにその通りで、人間の筋力や記憶力が年々衰えていくのと同じく、肌のハリとキメも年齢を重ねるにつれてだんだんと …

飲める美容液?老廃物を油でツルンと絞り出す!

  近年、「オリーブオイルやココナッツオイルなどが体に良い」と、知れ渡るようになりました。特に美を意識している方は、食事に取り入れているのではないでしょうか。でも今回ご紹介したいのは「アマニ …