子供 美容

産後の正中線対策の必須クリームはメイド・バイ・マム!

投稿日:2018年3月3日 更新日:

産後の正中線で悩んでいる方のためにオススメのケア方法と、オススメの正中線対策専用クリームであるメイド・バイ・マムについてお伝えしていきたいと思います。

正中線って何のこと?

妊娠すると、よく耳にする「正中線」とは具体的にどのような症状のことなのでしょうか?
正中線は、妊娠中おへその上下に縦に伸びる茶色の線のことです。

妊娠5~6ヶ月位から目立ち始まることが多く、産後も中々治りにくいのでママさん達の悩みの種になっています。

正中線と妊娠線は違うもの?

正中線よりも良く耳にすることの多い妊娠線ですが、この二つは似ているようで全くの別物です。
妊娠線とは、体重が増加したりお腹が大きくなったりする過程で、皮膚が肉割れを起こす事を言います。
乾燥していると、より肌に亀裂が生じやすくなるので、保湿力を高めるクリームをあらかじめ塗り続ける事によって、ある程度の予防が可能です。

それに対して正中線は、鼻の下の溝と同類の線で、元々誰にでもある体の中心にある線であるため予防することはできません。
正中線は目に見えていなかっただけで、妊娠後女性ホルモンが増加する事によってメラニン色素が増加するので、目立つようになるのです。
なので正中線は妊娠線よりも、シミが増えたり乳輪が黒ずむことなどに近いものでした。

産後もしぶとく残る正中線はどうしたら治るの?

妊娠中に出てきてしまった正中線や、シミ・黒ずみなどは、女性ホルモンの増加によってできたものなので、産後1年~1年半程で自然に元にもどるだろうと言われています。
しかし実際には、産後1年半を過ぎても正中線が治らないという方も多いですよね。
そんな時はどうケアしていけば良いのでしょうか?

正中線がしぶとく残ってしまう大きな原因は、産後もホルモンバランスが整っていない状態が続いているからです。
また、ホルモンバランスを崩しやすい年齢に出産が重なってしまうと、さらに正中線は残りやすく消えにくくなってしまいます。
出産の証ではあっても、お腹に大きく跡が残ってしまうのはとても気になってしまいますよね。

ホルモンバランスを整えつつ正中線クリームでケア

新陳代謝のサイクルを整えてあげつつ、正中線クリームを塗ってケアしていくことで、産後のしぶとい正中線とお別れする事ができます。
産後はどうしても睡眠不足になりますし、慣れない生活によってストレスが溜まりやすく、発散しにくくなってしまいます。
そんな中でも、睡眠不足とストレスを上手に軽減していくことが大切です。

可愛い我が子のためならば、と産後のママは特に無理をしてしまいがちです。
たまにはパパに協力してもらって、自分の時間を過ごしてみたり、お友達と会って楽しく会話をしてみたりすることは、ストレス解消にとても役立ちます。
私の場合は、パパに協力してもらうことが難しかったので、お友達と長電話をしてみたり、お笑い番組を見て思いっきり笑ったりすることでストレスを発散していました。

また、短くても良質な睡眠を心がけることも効果的です。
寝る前にノンカフェインのホットドリンクを飲んでみたり、スマホなどの液晶画面を見ないようにするだけでも、睡眠の質は上げることができます。
ご自分にあった方法を見つけて、できるだけストレスのかかりすぎない生活を送ってみてください。

またクリームでのケアですが、妊娠線をケアするクリームとは違い、保湿で正中線が元に戻る訳ではないので正中線専用のクリームを使うのがいいでしょう。
正中線専用クリームは新陳代謝を促進することで、メラニン色素に働きかけてくれるので、産後しぶとく出ていた正中線を元に戻す手助けをしてくれます。

悩める産後ママのための正中線ケアクリーム!メイド・バイ・マム

正中線クリームの中でも特にオススメなのが、メイド・バイ・マムです。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、タマゴクラブなどの育児雑誌や、多くの女性誌でも紹介されている人気沸騰中の産後ケア商品です。

正中線クリームの中でメイド・バイ・マムが選ばれる理由

トラネキサム酸という成分が、産後のお肌の黒ずみをケアし、メラニンの生成自体を抑制してくれ、グリチルリチン酸2Kという成分がお肌の荒れを鎮めつつ防止もしてくれます。
この二つの薬用成分が色素と肌質の両方を同時にケアしてくれるので、綺麗なお肌をサポートできます。

メイドバイマムクリーム
また配合されている4種類の天然由来の植物成分も、メラニンの生成を抑制しつつ、保湿・美白・炎症をケアしてくれる効果があります。
また、無添加にこだわって作られているので、敏感肌なママにも安心して使うことのできる正中線クリームです。

産後の正中線はきちんとケアすれば治る!

正中線が出てしまう原因は、ホルモンバランスの乱れと、メラニンによる色素沈着なので、諦めずにケアをすれば、元のお腹に戻すことができます。
ストレスを上手に発散しながら、正中線クリームでしっかりケアをしていきましょう。
また、ビタミンCもメラニンの生成を押さえてくれるので、サプリメントや果物などで摂取を心がけるとさらに効果的です。

赤ちゃんが生まれてきてくれるのは、とても幸せなことです。
しかし産後のママはは、赤ちゃん中心の生活になるので、つい自分の事を後回しにしすぎてしまいます。
「正中線を治す」というのを良いきっかけにして、ママの心と体をケアしてあげませんか?







-子供, 美容
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供専用サプリで野菜が嫌いな子供でも偏りのない栄養バランスを♪

小さいお子さんをお持ちのお母さんの多くは、我が子の好き嫌いに手を焼いていることと思います。 野菜を全く食べてくれない子、お菓子が大好きでお菓子だけでお腹いっぱいになってしまう子、好き嫌いが多すぎて食べ …

デリケートゾーンのかぶれ等の悩みに効果抜群の必須アイテム3選!

デリケートゾーンの悩みを抱えている女性は実はとても多く、アンケート調査の結果では約8割もの人が、なにかのらのかぶれや不調、不快感を感じていました。 しかし、その中で専門家に相談したという人は3割程度し …

デリケートゾーンの肌荒れに悩んでいる人の為「フルフル泡石鹸」

デリケートゾーンは基本的に蒸れるやすい部位なので、人に言えない肌荒れに悩んでいる人がたくさんいらっしゃいます。 アンケート調査の結果によると 20代~40代の女性の65% 50代~60代の女性の83% …

歯を見せたくないのは歯が汚いからじゃないですか?

あなたは最近、笑顔を作るのに抵抗がある、歯を見せたくない、お口のにおいが気になって至近距離での会話はちょっと…とお悩みではありませんか? コミュニケーションは普段の生活で避けることができない連絡ツール …

フルーツ青汁は解約出来ない?!真相は?

少し前から、人気のダイエット方法としてツイッターやインスタで話題になっている「フルーツ青汁」ですが、今ネット上で定期コースの解約ができないという書き込みが増えています。 どんなに試してみたい商品でも、 …

人気の記事




フォローお願いします♪

最新の記事