ダイエット 健康

デキストリンの含有量が多い食品は?

投稿日:

コンビニで飲料を買うときなど、裏の成分表示をみると「デキストリン」と記されていることがあります。今少しずつ注目を浴びている「デキストリン」ですが、どういった成分かご存知でしょうか?実はダイエットや整腸作用などに期待がもてるようです。話題になっている「デキストリン」について詳しく解説していきたいと思ます。

デキストリンとは?

人物 日本人 20代 悩む 女 女性 スペース 美容 健康 ダイエット 写真 ストレッチ スポーツ 運動 汗 かわいい ヨガ 教室 習う 頭痛 困る 腰痛 悩み キレイ 綺麗 白 ガール 考える 可愛い 余白 ヨガマット イメージ スクール 習い事 バック テキストスペース 脂肪 お稽古 レッスン 悩み事 不安 フォト 稽古 テーマ 美人 心配 改善 体調 心配事 タイトル 有酸素運動 精神 フリー 無料 安定 体調管理 キリヌキ 発汗 ヨガ教室 タイトルスペース ヨガウェア mapo_josei ヨガスクール

デキストリンとは、ジャガイモやトウモロコシのデンプンを原料としています。その原料を加熱・酵素処理をし、消化されにくいデンプン分解物を精製・分離した「水溶性食物繊維」のことを言います。このようにデキストリンとは化学合成により、人工的に作られた物質なのです。ですが添加物ではなく「食品」として扱われています。

デキストリンの用途は?

デキストリンは甘みを持っており、水飴を薄めたような粘り気があります。そのため菓子類やソース、タレなどに使われています。

 

デキストリンには「難消化性デキストリン」がある

デンプンを分解すると「糖質」と「食物繊維」の2種類の栄養素を取り出すことができます。
・「糖質」=「デキストリン」
・「食物繊維」=難消化性デキストリン
なのです。
その違いを簡単に説明すると
・デキストリン(糖質)→体内で消化できる
・難消化性デキストリン(食物繊維)→体内で消化できない
特にこの難消化性デキストリンは、様々な健康効果があることから、特定保健食品(トクホ)や健康食品、医薬品など幅広く使用されています。

難消化性デキストリンにはダイエット効果が期待できる!

美容 健康 食事 ダイエット 運動 ウエスト 体重 体重計 サイズ 肥満 生活習慣病 ブタ ビューティー エステ 太る ボディ ビューティ サロン 痩せる ヒップ メタボ デブ ぜい肉 部分やせ BMI

 

食物繊維の塊のような難消化性デキストリンですが、摂取することによって体に足りない食物繊維を補ってくれたり、糖の吸収を抑えてくれたりしてくれ、ダイエットに期待がもてるのです。「痩せる薬」とも言われているらしいですよ。では具体的にどのような効果があるのか詳しく説明していきたいと思います。

糖質の吸収を抑えてくれる

難消化性デキストリンを摂取すると、小腸が吸収する糖の量を抑えようとします。実験では難消化性デキストリンを摂取していない人と比べると、摂取していた人の方が食後の血糖値の上昇が著しく抑えられていたのです。急激な血糖値の上昇を抑えることは、ダイエットにとってとても大切なことです。

中性脂肪の吸収を抑えてくれる

血糖を抑えるだけではなく、中性脂肪の吸収も抑えてくれる効果があります。中性脂肪が血液中に多くなってしまうと、余分な脂肪となり、最終的に肥満になってしまいます。

 

腸内環境を整えてくれる

難消化性デキストリンは、固い便を柔らかくする便秘解消効果があります。またお腹を下しやすい人でも健康的な便へと改善してくれ、腸内環境を整えてくれるのです。便秘が改善され、老廃物がスムーズにでることは、痩せやすい体になる近道です。

どんな食品に難消化性デキストリンは含まれているのか?

シイタケ 椎茸 しいたけ 干し椎茸 乾物 きのこ キノコ 菌類 便秘 美容 美肌 旨味 うまみ 旨み だし アミノ酸 乾燥 栄養成分 栄養価 栄養アップ 肉厚 香り かおり 日本食 和食 食材 旨み成分 ビタミン 健康 食物繊維 出汁 食べ物 黒い 中国産 煮物 免疫力アップ 生活習慣病予防 骨粗しょう症予防 便秘解消 ダイエット 香茹 (こうこ) グアニル酸 レンチオニン ビタミンb2

 

難消化性デキストリンが含まれている食品は特定保健用食品(トクホ)をうたっている商品に含まれていることが多いです。また粉末としても売られているため、手軽に摂取することができます。摂取する時間帯は、食事中か食後すぐがおすすめです。中性脂肪や糖の吸収を抑えられて痩せやすくなります。

 

また難消化性デキストリン=水溶性食物繊維なため、トクホの商品などを購入しなくても、手軽に食品から摂取することができます。

<水溶性食物繊維の含有量が多い食品>

【穀類】

・ライ麦粉

・オートミール

・ライ麦パン

・そば


【野菜】

・切り干し大根

・ごぼう

・大根(葉)

・かぼちゃ


【きのこ】

・干しシイタケ

・しいたけ

・本しめじ

・なめこ


【果物】

・干しプルーン

・干しいちじく

・干し柿

・アボカド


【豆類】

・いんげん

・きなこ

・大豆(国産・乾)

・ひきわり納豆


1日の食事から摂る食物繊維の目標量は、18~69歳では男性20g。女性18g以上となっています。これを毎日摂取しようと思うと結構大変ですよね。そこで手軽に難消化性デキストリンが摂取できるアイテムをご紹介したいと思います。

 

難消化性デキストリンの含有量もバッチリ!「菌活美人」

菌活美人

ダイエット効果に期待ができると上記で紹介させて頂いた「難消化性デキストリン」。この成分をカプセルで手軽に摂取することができるんです。でも本当に効果があるのか心配ですよね。そこでおすすめの「菌活美人」の成分について、詳しくみていきましょう。

 

おすすめ理由1 トリプル乳酸菌で環境作り

乳酸菌の量とバランスにこだわって作られています。超微小サイズで高い吸収力が期待できる「EC-12」をはじめ、高い熱耐性をもち生きたまま腸に届く「ラクリス菌」。そして体の中からスッキリ を促してくれる「ビフィズス菌」。この3種類の乳酸菌を配合することで、腸内環境が整い、酵素を無駄にしません。

 

おすすめ理由2 「鮮度」と「質」にこだわったW酵素!

フリーズドライで粉末化した生酵素と、江戸時代から受け継がれる蔵付酵母から生まれた良質酵素をブレンドし、合計146種類の野菜や穀物、キノコ類、海藻などを原料に誕生した超高品の酵素を採用しました。

 

おすすめ理由3 W酵素と乳酸菌を5つの成分がサポート

・発酵場ガス→レタスの48倍もの食物繊維などが含まれている沖縄のスーパーフード。

・ラクトフェリン→ビフィズス菌の働きをサポートし、生活習慣病対策にも役立つとして世界的に注目を集めています。

・難消化性デキストリン→乱れがちな食習慣を整える働きを持ち、ボディメイクには欠かせない成分。

・ナットウキナーゼ→納豆のねばねば成分に含まれるイキイキパワーの他に、善玉菌を助ける働きも備えています。

・オリゴ糖→善玉菌であるビフィズス菌のエサとなり、ビフィズス菌と共に体のために働きます。

理由4 胃酸に負けず腸まで届く!「腸浴性カプセル」採用

酸や熱に強い腸浴性カプセルを採用し、胃酸や胆汁などから守り、しっかり腸まで届けることができます。

 

この4つの理由から、美ボディを作るのに適しているというわけです。さぁ簡単・手軽に難消化性デキストリンを摂取し、美しい体を作っていきましょう!

 

まとめ

初めて「デキストリン」という言葉を聞いた方もいらっしゃったのではないでしょうか。これからは意識的に食品の成分表示を見ていると、こんな食品にも入っていたんだ!と新たな発見ができるかもしれません。体を露出させることが多くなってきたこの時期。食品やサプリメントなどを利用し、ダイエット効果のある難消化性デキストリンであなたも美しい体を作ってみませんか?







-ダイエット, 健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分に合ったダイエットを遺伝子からチェックする!

ダイエットしても「痩せない」とお困りではありませんか? 自分に合ったダイエット方法を実施できればリバウンドや無理のない「失敗しないダイエット」で最短で痩せる事ができるようになります。そのために必要なの …

吐くとカロリーが吸収されない?食べてから吐く事を考えてる人に知ってもらいたい事

太りたくなくてトイレに駆け込み、食べたものを吐こうとする方がいます。吐けば食べたもののカロリーをチャラにできるので、太らないという考え方です。しかしそんな危険な方法でダイエットは可能なのでしょうか。本 …

アトピーが子供に遺伝する確立は「30~50%」!最新の安全なアトピーケアの方法

大事な我が子に湿疹やカサつきが続くようになると、ママはアトピー性皮膚炎かもしれないと不安になってしまいますよね。 ご自身やパートナー、近親者などがアトピー性皮膚炎で悩んでいたりすると、子供に遺伝してし …

プラセンタ注射で太るは本当か?

歳を重ねるにつれて増える肌のシミやしわ、たるみを年齢のせいにして諦めてはいませんか? 「万能薬」とも言われているプラセンタ注射は肌を若々しく保つ美肌効果がとても高く、様々な体の不調の改善にも効果的です …

ダイエットをして生まれ変わると覚悟を決めてから読んで下さい

  どんなダイエットをしても途中で挫折してしまう。でも今回こそは痩せたい!と強い意志をお持ちの方に「ファスティングダイエット」をおすすめします。ファスティングとは断食の事です。一定期間食べな …