子供

子供の頭が悪いのは勉強方法が原因ではない?

投稿日:

子供の頭が悪い、なかなか成績が上がらないし有効的な勉強方法もわからない、そんな悩みを持った親はたくさんいます。子供にとってプラスになる指導を日々苦戦しながら考えていると思います。将来のことを考えると頭がいいに越したことはないはずです。

ではそもそも子供の頭が悪い原因とはどこにあるのでしょうか?

子供の頭が悪いのは勉強が苦手なだけ!苦手な原因は家庭環境にも影響があることも!

子供の頭が悪い原因は親が関係している、と断言するわけではありませんが、やる気をやる気を削いでしまう原因が家庭環境に隠れていることもあります。

学校に通い始めるとテストや成績がでることは避けることができません。そして順位などがついてしまうのも仕方のないことです。

成績や順位を気にするあまり、「学校から帰ってくると子供がやる気を出す前に宿題はあるの?」、「テストの点数どうだったの?」、「早く勉強してしまいなさいよ」と子供を追い詰めてしまっていませんか?

そういう風に言われてしまった子供は、「今からやるよ」、「いちいち言われなくても」という心理になってしまいます。

たとえ親が子供のためを思って言った言葉であっても、子供にとっては反抗心が強くなってしまい、勉強へ対する気持ちが薄れてしまうだけなのです。

子供の頭が悪いというのは言い方を変えれば勉強が苦手であるということです。勉強に対して苦手意識を持っているのにさらに追い打ちをかけ勉強を嫌いにさせてしまってはそこから好きにさせることは難しいです。

子供が自主的に勉強を始めるまで見守ってみる

 

子供の頭が悪いから親が何とかして勉強をやる気にさせなくてはと焦ってしまうのは、子供にとっては良い勉強方法とは言えません。

特に思春期の子供にとっては親に指示されることを嫌がる年代でもあります。無理に勉強を促す言葉をかけるよりも、子供が自発的に勉強をするまで見守ってあげることが大切です。

いくら子供であっても、勉強の大切さは十分にわかっています

勉強は自らの意志で勉強方法を考え、率先して勉強するからこそ身に付き、解ける問題が多くなっていくのです。親に決められた勉強方法で学習をしても身につくのはごく一部にすぎません。

子供の頭が悪いというのは、自分に合わない勉強方法で親に強制的に勉強させられ苦手意識が強くなり内容の定着度も低い状態で試験を受け、点数をとれないことをいうのです。

子供を責めるのも良い勉強法ではない

悪い点数をとって帰ってきた子供に対し、あなたはどのように声掛けをしますか?

またこんな点数とってきたの、本当に頭の悪い子ね、勉強方法をもう一度見直さないとまた同じ結果になる、などと否定的な言葉をかけてしまっていませんか?

また、点数が悪かったからと、親が組んだ勉強方法を押し付けていませんか?

子供の頭が悪いと決めつけるのは、実は親や周りの大人です。

得意分野の教科ではなく、苦手教科の点数ばかりが目に入り、子供を否定するような言葉ばかりをかけているのであれば、それは間違った指導方法です。

子供の頭が悪いと言われ続けた子供の心にはどんどん深い傷が広がり、どうせ自分は何をしても否定されるという思考を常に持つようになります。勉強のやる気を出させるどころかどんどん苦手意識が強くなっていくのです。

人間だれしも得意分野、苦手分野があります。勉強もできるできないは個人差があるのです。まずはそこを認めてあげることが重要です。

また、人に自慢できるような得意分野があるとそれが子供の自信につながります。得意分野は思いっきりほめてあげることが大切です。ほめてもらうと、次も頑張ろうという希望ややる気につながります。

子供の頭が悪いと感じた場合には、子供を責める前に自分自身の行動を振り返ってみてください。

勉強がはかどる!?栄養補給してやる気もアップ!

「子供の勉強方法には口出しはしないけれど、子供の頭が悪いのは自分にも責任があるかも」、「親として子供の成績には不安がある」、「やる気がない子にはどうしたらいいのか」と、親の悩みは尽きないと思います。

「子供の頭が悪い=勉強への苦手意識」を少しでもなくしてもらいたいという気持ちは親の立場からすると当たり前の感情です。

勉強で一番大切なのは、何といっても記憶力です。計算問題も公式を覚えなくては応用が解けませんし、歴史も暗記が必要、漢字練習だって九九だって化学式だって、結局は全部暗記が必要です。

記憶力を良くできれば「暗記ができる=問題が解ける=点数アップにつながる」という勉強への苦手意識を克服できる一番の近道になります。

では、暗記力をよくするために必要な栄養素って何だと思いますか?

化粧品などでも耳にすることが多くなった、『DHA』や『EPA』という栄養素が暗記力を高めるためにとても効果的であるといわれています。

DHAやEPAって何?

DHAは脳や網膜などの組織を構成する成分でもあることから、脳や神経組織の発育や機能維持の効果が期待されています。
一方、EPAは体の中でプロスタグランジンという物質に変化し、これが血液を固まらせにくく、血液をさらさらにすることから、抗血栓作用の効果が期待されています。

どちらの成分も脳を活発化させてくれる重要な栄養素です。

Dr.Dekisugi

この成分をたっぷりと含んでいるのが、学習アップの栄養補給サプリ「Dr.Dekisugi」です。学習に特化して作られた栄養補給剤となっており、勉強へのやる気を促すサポートをしてくれるのです。

DHAやEPAは魚に多く含まれているので、魚を多く食べたほうが良いと言われていますが、現代の食生活は昔と比べ欧米化してきているため、魚よりも肉やジャンクフードが多く食べられる傾向にあります。

この「Dr.Dekisugi」なら、DHAやEPAを積極的に摂取することができるので、脳が勉強モードに入りやすくなります。

勉強のやる気が増し、普段摂取しにくい栄養がとれて子供にとって良いこと尽くしですし、親にとっても子供が勉強にやる気を出してくれたらうれしいですよね。

子供が勉強方法に悩んでいたり、勉強をさせたいけれど子供がやる気を見せないというご家庭の方、子供の頭が悪いと決めつける前にぜひ一度試してみてください!

まとめ

子供の頭が悪いと決めつけてしまうのではなく、子供なりに頑張っている姿、自分で考え生み出した勉強方法、得意科目など、小さいことでもほめてあげることで子供のやる気は高くなります。

やる気が出れば、どの勉強方法が自分に向いているのかを探すようになります。そして自分から積極的に学んだことはすぐに身につくものです。

声掛け一つで良いことの連鎖も、悪いことの連鎖も起こるということを忘れてはいけません。

子供の頭が悪いと決める前に、まずは家庭環境や否定的な言葉をかけていないかをもう一度振り返ってみるといいかもしれませんね。







-子供
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アトピーが子供に遺伝する確立は「30~50%」!最新の安全なアトピーケアの方法

大事な我が子に湿疹やカサつきが続くようになると、ママはアトピー性皮膚炎かもしれないと不安になってしまいますよね。 ご自身やパートナー、近親者などがアトピー性皮膚炎で悩んでいたりすると、子供に遺伝してし …

子供が低身長なのは遺伝が関係している?背を伸ばす方法とは!

正期産で出産した場合、産まれたばかりの赤ちゃんはみんなほぼ同じ体重、同じ背格好で産まれてきますよね。ですが、歩くようになり、どんどん成長をしていくにつれ、気になってくるのが子供の成長を表す身長です。 …

妊婦は便秘でも下剤を飲んだらだめなのか?実はそうじゃなかった!

多くの妊婦さんが悩まされるようになるのが「便秘」じゃないでしょうか? 妊娠中は、簡単に下剤を飲んだらだめですし、辛い日々を我慢してしまっている妊婦さんも多いと思います。 でも、実は妊娠中の便秘って我慢 …

子供専用サプリで野菜が嫌いな子供でも偏りのない栄養バランスを♪

小さいお子さんをお持ちのお母さんの多くは、我が子の好き嫌いに手を焼いていることと思います。 野菜を全く食べてくれない子、お菓子が大好きでお菓子だけでお腹いっぱいになってしまう子、好き嫌いが多すぎて食べ …

子供は身長が高い?低い?子供の平均身長とは!身長を伸ばす為に必要な物は !?

ハイハイから歩けるようになったとわかりやすい成長の時は良いのですが、身長や体重だとわかりづらく、ついつい他の子供と比べてしまいます。 「周りの子供に比べてうちの子はきちんと成長しているか心配」と悩む方 …