健康 美容

背中にあせもが出来てしまう人にはベビーローションが効果抜群!

投稿日:

背中にあせもができてかゆくてつらい!たまらない!

段々と暑くなってきたこの時期そんなお悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。一日でも早く辛いあせもから解放されるために、たくさんの方法を試してきたと思います。

実は背中にあせもができるのは夏場だけでなく、冬でも暖房の温かさで汗をかいてしまった際に発症することがあります。

肌の露出が多いシーズンになるとあせもの跡が残った部分が見えてしまったりと何かと苦労が多いものです。

そんなお悩みの方にぜひおすすめしたい内容をお届けします。

背中にあせも、諦めるのはまだ早いです!それ、正しい処置で治るかもしれませんよ!

背中のあせもは治ります!改善方法や対策は?

あせもとは、汗や垢で汗腺が詰まってしまい、炎症や湿疹ができる皮膚トラブルのことを言います。

汗をかいたまま放置してしまったりすることが主な原因です。そうです、正しい対処をすれば背中にあせもができても改善に向かうことができるのです!

では早速、背中にあせもができた時の改善方法についてみていきましょう。

毎日の保湿ケアは大切に

乾燥はあせもの天敵です。きちんと保湿ケアをすることで、きめ細かいバリアが肌を守ってくれるので、肌トラブルを防ぐことが可能なんです。

お風呂上りは特に肌の脂分も流れ落ちてしまうため、正しい保湿ケアが必要になります。

背中の保湿は忘れてしまいがちですが、背中にあせもがある人は必ずケアしてほしい場所です。

汗をかいたらすぐに拭き取る!清潔に保つこと

汗をかいたまま放置してしまうと、そこから肌トラブルが起こり荒れてしまい、あせもになりやすくなります。

なので、汗をかいたらすぐ拭き取り清潔に保つことが大切です。

もし放置をしてかゆみの症状や炎症が出てきてしまった場合には、もう一度肌をよく洗い、保湿クリームを塗り、肌のかきむしりを防ぐようにします。

かゆみに負けかきむしってしまうと肌にかきむしった後が残ってしまうことがありますので注意が必要です。

背中にあせもがある場合はぬれたタオルなどを背中に回し、しっかり汗を拭きとってから保湿クリームを塗るようにします。

ベビーパウダーを使う

ベビーパウダーは赤ちゃんの肌に使われるパウダーですので、余分な成分は一切入っていません。赤ちゃんの肌のことを一番に考え作られたパウダーですので、肌にはとても良いものです。

また、サラサラな肌を保つことができるので、汗をかきやすい背中にあせもができてしまった時には強い味方になります。

ですが、ベビーパウダーは使い方を間違えると毛穴を塞いでしまい、あせもを余計に悪化させてしまう原因にもなりかねません。悪化の原因は主にベビーパウダーの塗りすぎです。

ベビーパウダーを使用する時は厚塗りはせず、薄く、塗るのがポイントです。

背中にあせもがある場合は自分で塗る際にムラができやすいので塗る際には注意しましょう。

背中のあせもにはベビーローションも効果的!

身体や背中にあせもができてしまった、そんな時にはベビーローションも効果的です。

ベビーローションとは、赤ちゃんのための保湿ケアグッズです。ベビーパウダーはサラサラを保つことに対し、ベビーローションは潤いを肌に与えるというもので真逆のポジションになります。

赤ちゃんの肌は乾燥や肌トラブルにとても敏感に反応してしまうため、赤ちゃんの肌を基準とした調合で作られています。

ですので、大人が使っても大丈夫なとても安心できる保湿グッズがベビーローションなのです。

そしてベビーローションで特にお勧めなのが、ボタニカルベビーローションの「ぬくもりミルクローション」です。

ぬくもりミルクローション

ぬくもりミルクローションは新生児から使えることのできるベビーローションになっており、保湿ケアグッズにもかかわらず手がべたつかない、保湿性が高いと人気のベビーローションです。

保湿ローションは手がべたついてしまい大変という子供の親の悩みからヒントを得て作られたので信頼性も高いベビーローションです。

肌に限りなく近い浸透成分を配合しているベビーローションのため、顔や頭皮にも使用が可能です。

ベビーローションは世代問わず、用途多用である

背中にあせもができた時にもベビーローションは効果的ですが、なんとこのぬくもりミルクローションは、世代問わず子供からお年寄りの乾燥肌にも効果があり、あせもだけでなく手荒れをケアするハンドクリームとしても使うことができます。

妊婦さんであれば、乾燥による妊娠線をもベビーローションで防ぐことが可能なのです。

用途を選ばずに使用できるのがぬくもりミルクローションの特徴です。

 

背中にあせもができたら、清潔な肌状態を保つことが重要なポイント!

身体や背中のあせもはかゆくなり、赤くなってしまったり、かきむしって跡がついてしまったりとトラブルも多いです。

そうなってしまう前に対策はしなくてはなりません。

背中のあせも対策としては、肌を乾燥させない、潤いケアをしっかり行うことが大切です。赤ちゃんの肌ケア用品、ベビーパウダーやベビーローションは肌を清潔に保つことができ、あせも改善にとても有効的ということを視野に入れておくといいでしょう。

肌トラブル0でオールシーズン楽しく過ごせるよう対策はしっかりしましょう!

 







-健康, 美容
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

続けられるダイエット方法とは?三日坊主になってしまう人の為のダイエット方法 

よし痩せるぞ!とダイエットを始めたはいいものの、すぐに挫折して続かない方は多いのではないでしょうか。いつも三日坊主で終わってしまい、自分の意志の弱さに悩んでいる方もいるでしょう。では続けられるダイエッ …

皮膚の黒いぶつぶつは○○が原因だった!? 皮膚はこうしてきれいにする!

ひざ下や腕、脇の下、デリケートゾーンなど普段から良く無駄毛処理をしている場所は、黒いぶつぶつができちゃう事ってありますよね。 綺麗でいたいという女性の願いとは裏腹に、年々増えている気さえしてしまう皮膚 …

誰にも言えない悩み…ちくびの乾燥をやさしく治す方法

乳首が乾燥して痒くてたまらない!だけど人前で掻くこともできない場所ですし、ちくびが乾燥している悩みなんて人には相談しづらいですよね。 ちくびはデリケートな場所なだけに、刺激を受けると他の部位よりも乾燥 …

いろんな体の悩みに効果的なキトサン

美容や健康を意識するうえで、キトサンという言葉を聞いたことはりますか? キトサンとは、カニやエビなどの甲殻類に含まれる食物繊維を加工して作られた健康食品です。キトサンには、高血圧の改善、免疫力の強化、 …

痩せすぎで悩み?いくら食べても太れない人の解決方法

太っていることが悩みの人が居る反面、痩せすぎで悩んでいる人も居ます。 痩せる事が出来ないで悩んでいる人からしたらうらやましいと思ってしまう話かもしれませんが、その逆に、太ることが出来なくて悩んでいると …